ご挨拶

 敦賀港は、日本海沿岸部のほぼ中央に位置し、かつ中国東北部や極東ロシアなどの対岸諸国に近いという地理的優位性を持ち、関西・中京圏等の対岸貿易における日本海側の玄関口として期待されています。

 近年の取扱貨物量の増加に伴う慢性的な埠頭用地不足の解消や船舶の大型化に対応するため、5万トン級の大型船舶が接岸可能な大水深岸壁(-14m 延長280m)を備えた「鞠山南地区多目的国際ターミナル」の整備が進められ、平成22年10月12日に本格供用が開始されました。

 敦賀港のコンテナ取扱量におきましては平成22年7月からの国際RORO船の就航及び平成24年11月には6年ぶりとなる中国・韓国航路が開設により、平成22年から過去最高のコンテナ取扱量を更新しております。
また、平成22年8月には敦賀港が国の選定する重点港湾に選ばれました。

 当社は、新ターミナルの管理運営と貨物集荷(ポートセールス)を行う会社として、平成21年11月に行政(福井県、敦賀市)と物流事業者等の民間会社が出資する第三セクター方式で設立されました。
民間と行政の長所を併せ持つ会社として、民間活力を積極的に活用し、更なる港湾サービスの向上と貨物集荷体制の強化を図ってまいります。

 今後とも敦賀港の持つ高いポテンシャルをご理解頂き、よりよい港湾サービスを提供する敦賀港国際ターミナル株式会社にご協力頂きますよう宜しくお願い申し上げます


敦賀港国際ターミナル株式会社

〒914-0072
福井県敦賀市金ヶ崎町49番1
TEL: 0770-47-5855
FAX: 0770-47-5002

敦賀港鞠山南地区多目的国際ターミナルは、福井県が設置し、指定管理者の指定を受けた敦賀港国際ターミナル株式会社が管理運営を行っています。